2016/09/20

海釣行・・・Part8(苫小牧西港)

お盆休みの帰省釣行から早1カ月・・・

この間は台風の影響を北海道はもろに受け、釣りどころではない状態であった。

・・・被災された方の早期回復をお見舞いします。


で、釣りバカはといいますと、やはり釣りがしたい。

川はこの状態ですと、回復にはかなりの時間を費やしそう・・・。

ということで、今期の川釣りは納竿としました。

来年に向けて、作戦を練り直しです。


川がダメなら海でもと・・・この時期は小サバかな。

小樽方面の情報はと・・・・・・・・以外に釣れていない感じか。

苫小牧方面は・・・・・なかなかいい感じかな?

天候は・・・・まぁ、大丈夫でしょう・・・行ってみますか・・・・・苫小牧!


出発は17日の18:00・・・途中で撒き餌など不足分を調達。

何だかんだで20:00ころに勇払埠頭へ到着・・・。

事前情報では船の停泊はないはずでしたが、でっかいのが1隻・・・・。

その場所で釣り座を構えたかったんだけどなぁ・・・。

仕方がないので、チップヤード寄りの#20あたりに釣り座を確保。


よし!

まずは投げの準備・・・・・・雨・・・車中退避。

数分で小ぶり・・・今のうちにキャスト~!

次のロッドを準備・・・・・と、10m隣の釣り人が駆け寄ってくる。

釣り人「どうですか、釣れてますか?」

管理人「(見たらわかるだろう) 今来たばかりで準備中」

釣り人「何釣れるんですかね、アナゴ狙いですか」

管理人「間違って平物釣れないかなと・・・・間違ってアナゴくるかもね(笑)」

釣り人「私はお昼から釣ってますが、ほとんど釣果なくて・・・」

管理人「(昼から居たら状況わかるだろ) サバはどんな感じでしたぁ?」

釣り人「拾い釣りって感じでしたよ」

管理人「まぁ、お互い頑張りましょう」

※私は釣りがしたい・・・海まで来て、おしゃべりしてる場合じゃないの!


という会話をしつつ、トラウトロッドでなんちゃってロックを楽しんでいると・・・

投げ竿がビクンビクンと豪快に竿先を揺らしている!

グイッと合わせを入れて、巻き巻き・・・・・・すると何やら細長いものが・・・アナゴです!



これです!

画像では大きく見えますが・・・・実際は30cmくらい(汗)

細長いのは苦手なので、やさしくリリース。

次も遠投・・・と思ったのですが、仕掛けがめちゃくちゃ。

しかも予備を忘れてしまい・・・本日の投げはこれにて納竿・・・です。

夜間帯はなんちゃってロックで遊びます・・・。


しかし、雨やら風やらで車中退避が多いこと・・・。

それでも



こんなソイくんを5匹ほどゲットしました(すべてリリース)


そんな時、1台の車が左隣に停車・・・・女性が一人駆け寄ってくる。
※今日はこんな日なのか?

女性「何釣れるんですか?」

管理人「(ネットで調べれば) 時間帯によって、いろいろ釣れると思うよ」

女性「短い竿しかないんですけど、どうしたらいいですか?」


これは完全なド素人・・・・相手にしていたら何時間あっても釣りが出来んくなる。

でも15分ほど、私の分かる範囲でのボウズにはならない程度のレクチャーをしてみた。

カレイを釣りたかった(私もだが・・・)ようだが、時期的に厳しい感じもするので

回遊次第だけど、朝方のサバ狙いがお勧めかなというアドバイスをしておいた。

結局、この女性は彼氏だかダンナだか知らんけど、男連れだった・・・。

そいつに聞けよなぁ・・・っていうか、そいつに聞けって言われたのか?

まぁ、何でもいいけど、のちのち、この二人組はガヤ祭りを楽しんで帰っていった。


明け方3時ころ、結構な雨が降り・・・多少心折れ気味だったので車中退避&仮眠。

1時間ほど寝てしまったでしょうか・・・薄明るくなっていた!

ヤバイっ!

サバ釣りの準備を済ませ、いざ、本命の実釣開始!


・・・・・・・・釣れない。

周りも釣れていない・・・回遊がないのか?

足元にはチビガヤとイワシなのかウジャウジャ泳いでいる。

小1時間ほどたったころだった・・・突然、私のウキが豪快に沈んだ!

きたっ!

20cmほどのサバだった!

よし、次!・・・・・・・・・・・・沈黙。

そう、ハグレがマグレで釣れた感じであった。


しかし、それが間違いだったと気付いたのは・・・それから30分以上たってからのことだった。

ふと、周囲を見渡すと、結構コンスタントにサバをあげている。

その様子を見ていて 「あっ! 棚が浅い」

5mくらいの磯竿でリールを巻かずに取り込んでいる。

棚は表層付近ということだ!

やっちまったぁ・・・・・・中層付近をずっと探っていた管理人・・・痛恨のミスである。

すかさず、棚を変更すると・・・・・続けて2匹ゲット!


それでもやはりハグレのようであとが続かない・・・。

時刻も11時近くなり・・・3匹かぁ、うちは4人家族なんです。

と願いつつ、後片付けをしながら釣り続けていた・・・。


そんな時、左隣の狭いスペースに一人の釣り人が割り込んできた・・・それも無言で。

モラルのない奴・・・と思っていたら、入れた途端、サバゲット!

これはチャンスと棚を合わせると・・・私にもヒット!

これで家族分を確保できました(笑)



小樽方面より大きく、釣り味は楽しめました・・・が、数は伸びませんでした。

仕掛けも複数試したのですが、ケイムラタイプはすごいですね。

サバに行きつく前にチビガヤ祭りでしたが・・・入れ食い状態でした。
※50匹以上は釣ったでしょうか。

サバもケイムラにかかっていましたので、口元に漂えばって感じですね。

昨年の小樽では素針で爆釣でしたが・・・何でもいいのかな?

何といっても回遊次第ですかね。


今度は近いうちに小樽方面で数釣り狙います・・・・・・・・・おしまい

4 件のコメント:

  1. コンサドーサさん、久しぶりの釣り、しっかりおみやげ確保してますね。さすがです!
    私の方のサバルアーはどうも分が悪いので、サビキの勉強に身を入れます。
    マメイカさん来襲までもう少し、ですね。

    返信削除
  2. ごンたさん、こんばんは!
    もう少し釣れる予定だったんですけどねぇ。
    釣り座はしっかり見定める必要ありです。
    時には強引さも必要ですね。
    釣りに関しては群れるのをあんまり好まないので
    余裕を持たせた釣り座を構えたいので(汗)
    小樽でお会いできるのを楽しみにしてます!

    返信削除
  3. コーチャン2016/09/23 7:27

    コンサドーサさん お疲れ様でした。
    楽しく記事を読ませて頂きました。
    女性のくだりでは思わず笑ってしまいました。
    ルアーでの海釣りも楽しそうですね!
    二十数年前のルアーロッドがまだ使えるなら、
    私もやってみたい気がしますが・・・。
    留萌や紋別で釣ってみたいですが難しいかもしれませんね?
    海への憧れも残しつつ、やはり当面は川で頑張ります。
    これからも、家族の食欲と家計の補助とほんの僅かの自分の
    欲求のために頑張ってください。
    それではまたです。

    返信削除
  4. コンサドーサ2016/09/23 8:45

    コーチャンさん、こんにちは!
    ご訪問、ありがとうございます。
    ・・・女性ねぇ・・・もっと面白い話はあったのですが、ここでは書ききれません。
    お会いすることがあれば、ハルキッチンあたりでゆっくりお話ししますよ。

    20数年前のルアーロッド・・・振れそうですかね。
    脆くなっていなければ、今は「腕」というより「道具」が進化しています
    ので「釣れるルアー」をゲットすれば、爆釣間違いなしですよ。
    港内でもソイやガヤであれば、結構釣れます・・・スポーツフィッシングですね。

    あと、私の場合「自分の欲求>家族の食欲」ですね。
    ですが、「家族の食欲=自分の欲求」とならないと、釣りに行けません。
    ホッケ、イカシーズンに向けて、作戦会議します!

    返信削除

ブログの感想・・・書き込んでね